クリ”ミエ”イティブ 実証サポート事業

よくあるご質問FAQ

応募事業者に関して制限はありますか?(本社所在地や企業の業種・業態・属性・法人格の種類等)
本社所在地、企業の業態・属性・法人格などでの制限は特にございませんが、プログラム終了後も、三重県内での継続的な計画を有している企業からの幅広いご応募をお待ちしております。
三重県で実証実験・社会実装を行う事業であれば、すべて対象になりますか?
応募いただいた事業は、審査委員会において以下の観点から採択するかどうかの審査を行いますので、これらの観点に沿った事業のご提案をお待ちしています。
  • 社会性を持った事業か
  • 新規性、独自性をもった事業か
  • 全国に展開することを視野にいれた事業か
  • 実現可能性の高い事業か
  • 意欲、熱意が高く、三重県内に根付くことが期待される事業か
選ばれた企業は公開されますか?
はい。ロゴ・社名・事業概要は、プレスリリースや本Webサイト内で発表します。
応募したアイデアは守られますか?
ご応募いただいた企業からのアイデアを許可無く第三者に公開することはございません。なお、企業情報を公開する際には、公開前に企業に掲載内容をご確認いただきます。
審査はどのようなステップで進みますか?
一次審査(書類審査)と二次審査(プレゼンテーション及び質疑応答)を想定しております。二次審査はオンラインとなります。
採択結果までどの程度時間がかかりますか?
なるべく早いご連絡ができるよう努めますが、公平かつ厳格な手続を重視する都合上、採択結果通知は11月中旬を予定しています。
本事業に費やす時間はどれくらいですか?
実現可能性調査及び実証試験や社会実装期間は、約5ヶ月間を予定しています。この期間、隔週1時間程度、三重県職員やコーディネーターとともに協議する時間を設けます。また、事業ごとに実証試験や社会実装に向けた業務を推進いただきます。(所要時間に関しては、事業ごとに調整。)その他、成果報告会や取材等も対応いただきます。
どのような支援を受けられますか?
オープンイノベーション支援実績の豊富な専門家によるコーディネート、外部メンターへの相談、自治体職員によるハンズオン支援となります。支援の中には関係部門へのつなぎ込みや関係団体のご紹介も含まれます。個社で取り組むよりも自治体のリレーションと後ろ盾がありますのでよりスムーズに進められることが期待できます。
採択された場合は自社でPRとして活用しても良いですか?
ぜひご活用ください。
応募に際して、事業の成長ステージに制限はありますか?
事業ステージは問いません。また、創業時期も問いません。
複数社で連携することは可能ですか?
もちろん可能です。
各補助金(開発支援補助金・社会実装支援補助金)は、どのような経費項目が使えますか?
詳細は、補助金交付要領PDFをご確認いただければと思いますが、開発支援補助金・社会実装支援補助金ともに、人件費や旅費に加えて、賃貸料や消耗品費、委託費等を対象経費にしております。
事業実施期間については、三重県内に居住している必要はありますか?
事業実施中、三重県内に居住している必要はございませんが、事務局との円滑なコミュニケーションは取っていただく必要はございます。なお、三重県内には、ワーケーションに最適な施設が多くございます。業務実施期間中、三重県内での拠点が必要な企業がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。
他の補助金との併用はできますか?
企業としまして、他の補助金をご活用いただくことは可能ですが、同じ事業内容(支出項目)に対して複数の補助金を申請することはできません。本事業に係る別の補助金を受けている又は申請する際には、事務局にご連絡ください。